Peer-Trust 6種類の称賛カード


相互称賛サービス「Peer-Trust」についてはこちら

称賛カードは、ウォーレン・バフェットによる3つの資質(※)
「活力・知性・高潔さ(和訳:「誠実さ」とも)」をベースにしています。

※スティーブ・シーボルト著『一流の人に学ぶ自分の磨き方』による。

 

わたしたちは、これからの社会で活躍する人に必要な資質が、
この3つに表されていると考えています。

「活力」「知力」「人間性」の3つのカテゴリに対し、
 ・ 組織成果への貢献の重要性

 ・ 職場での行動への送りやすさ

を重視して、6種類の称賛カードを独自に設定しています。

 

  • 活力  ― 「チャレンジ」「やりきり」
  • 知力  ― 「ロジカル」「アイデア」
  • 人間性 ― 「思いやり」「正義感」

「正義感」を大切にする理由

収益目標を数値化し、現場の日々の仕事に落とし込むことは、

どんな職場でも当たり前に行われています。

目標やプロセスの達成による充実感は、
「仕事のやりがい」の重要な要素のひとつでもあります。


一方、わかりやすい数字ばかりに目が向くことで

「何のために働いているかわからなくなった」

「仕事のやりがいを見失っている」
という人も少なくありません。


どんな組織の目標も、元を正せば事業のビジョン、すなわち

「世の中の誰かを今よりも幸せにすること」につながっています。

 

社会正義を仕事選びで重視する人や、事業理念に掲げる企業も増えています。

しかし正義の実現には、現状否定や自己否定を伴う難しさがあります。

「どうせ働くなら、より世のため人のために役立ちたい」という思いと

「できれば無理はしたくない、快適な状態に留まりたい」という思い。

人間なら誰しも、この両方を併せ持っているものです。


それでも、心の内にある「世のため人のために」という思いを

発言や行動で示している人は、組織にとって大切な存在です。

事業のビジョン、理想の実現は一朝一夕にはできません。

「今よりもっとよくしたい」という思いを、妥協せず持ち続ける人が

 

組織に多ければ多いほど、着実に理想へ近づいていくことができます。

信頼関係あっての「正義感」

「サービスをよりよくするために、上司に意見をしたい」
「困っていることを、きちんと相手に伝え、正してもらいたい」
「自分の間違いをごまかさず、きちんと謝りたい」

 

自身の意志や責任感をそのまま行動に表すことができれば、
仕事を通じて誰かを幸せにし、組織や社会をよりよくすることが叶います。

 

しかし、こうした小さな思いをせっかく持っていても

  • 否定される、厳しく叱られるかもしれない
  • どうせ言っても受け入れてもらえない
  • 面倒だと思われるかもしれない

と、相手との信頼関係への大きな不安に負け、
発揮できずに終わってしまうことも珍しくありません。

 

職場での相互称賛を通じて、お互いへの尊敬や信頼の気持ちをもつことから、

疑問や意見、耳の痛い指摘も率直に話し、一緒に改善・実現していくことができる。


こうしてひとり一人の「世のため人のために」という思いが
カタチになることを、わたしたちは願っています。